« 孤独のグルメから教わったこと | トップページ | 春分の日 »

2022年3月 7日 (月)

ラーメン論争

ラーメンについて討論する機会が何かと多い。何ラーメンが好きか?週に何回食べる?おすすめのラーメン屋はどこ?などなど。これは弊店の周辺にラーメン店が乱立していることも大いに関係があるのだろう。

そんな中で「ラーメン1杯食べるのに何分まで並ぶことが許されるか」というテーマは人気がある。と同時に「ラーメン1杯の値段はいくらまでなら納得して払えるか」というのも議論が沸騰する。

そこで僕の意見。

ラーメンは酔った勢いで食べる時こそが、一番美味しい。平静であれば塩ラーメンか担々麺が好きだけど、そんな時は何ラーメンでも良い。ただし酔っているが故に、並ばせられるなど冗談じゃない。そして、酔っているけど値段にはシビアなつもりだ。1200円を超えるラーメンは、お会計時に店主の面をよくよく伺って帰ることにしている。味についてだが、普段はカップラーメンでさえ美味しく感じているので、よほどの店以外は美味しいと思う。今までに本気で不味いと思ったラーメン屋は1軒のみ。その後その店がどうなったのか気にはなるが、今は他人の心配をしている場合ではないので考えないことにしている。けれども時々思い出すので、それが敵のやり口なのかもしれない。

と、こんな感じだ。

きっと僕の知らない巷で、BAR論争も起こっていることだろう。

|

« 孤独のグルメから教わったこと | トップページ | 春分の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孤独のグルメから教わったこと | トップページ | 春分の日 »