« お久しぶりです | トップページ | 孤独のグルメから教わったこと »

2022年2月 8日 (火)

金メダルのジャンプ

北京五輪が盛り上がっています。スキージャンプでは、国民の期待を一身に受けて、小林陵侑選手が金メダルを獲得しました。世界一美しい飛型なのだそうです。

確かに、師匠があの葛西紀明さんだけあって、彼にそっくりな飛型です。さすが絶大なる師弟関係ですね。

ところで、個人種目でのスキージャンプの日本人金メダルは、あの24年前の長野五輪での船木和喜選手以来ですが、彼の飛型はご記憶にありますか?

今の時代、過去の映像はいくらでもYouTubeで視聴出来るので、もしお時間とご興味のある方は一度ご確認ください。

僕的には、船木選手の飛型こそ歴代のナンバーワンの美しさだと思うのですが。

ともあれ、小林選手はもう一つの個人種目・ラージヒルでも金メダルを獲得して、ぜひ名実ともに船木選手を超えて欲しいですね。

|

« お久しぶりです | トップページ | 孤独のグルメから教わったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お久しぶりです | トップページ | 孤独のグルメから教わったこと »