« ワクチンの副反応 | トップページ | 久しぶりの帰省 »

2022年1月 4日 (火)

松田聖子ディナーショーを観て

その日、僕は偶然にも現場にいた。

昨年の12月18日(日)新高輪プリンスホテルの大宴会場「飛天の間」松田聖子クリスマスディナーショー。

超満席の客席に向かって、彼女は往年のヒット曲を惜しみなく披露した。僕は全13曲中、10曲も知っていた。これまで観に行ったどのアーティストも最近の楽曲を披露したがるのが常なのだが、その日の彼女は全く違った。お客が何を求めているかを熟知している、そして今自分が何をすべきかというセルフマネージメント能力に秀逸している。まさに彼女は他の追随を許さない、最高のアーティストだと確信した。「今年の歌い納めは大晦日の紅白歌合戦です。皆さん、観てくださいね」これがステージ上での最後の言葉だった。

その1時間後、彼女は愛娘である神田沙也加の死を知ることになる。彼女は翌日のディナーショーから大晦日の紅白歌合戦まで、全スケジュールをキャンセルした。

この年末、僕は物心がついて以来初めて紅白歌合戦を一瞬も観なかった。それには自分なりにいくつかの理由があったが、彼女の出場辞退がその最も大きな要因だったのではないだろうかと、今日も自問自答している。

|

« ワクチンの副反応 | トップページ | 久しぶりの帰省 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクチンの副反応 | トップページ | 久しぶりの帰省 »