« 選挙結果に思うこと | トップページ | 最近の夜の銀座 »

2021年11月 4日 (木)

正夢

夢を見ました。

大学を卒業して、すぐには就職せずにそのまま役者養成所の入所試験を受ける。隣の席には学生時代の友人が座っていて、「おい、お前も俳優を目指すのか」と語り合いながら答案用紙と向き合う。そういう夢でした。

驚くことは、自分が20代前半だったこと。現在56歳の自分からすると回想年齢のはずなのに、夢の中とはいえ、その若さに対して不思議だと思わない自分に呆れてしまいます。

さて、夢の続きが気になるところです。おそらく俳優になることを断念した後に有名タレントのマネージャーにでもなり、40歳を迎えたところで銀座にBARでも開くのでしょうか。そうなれば極めて現実に近いものとなります。

さらに知りたいのは、その後どうなるのか。ここから先は未知との遭遇です。

そういえば、若い頃の夢は見れど、実年齢より年老いた自分の夢を見たことがないのは僕だけでしょうか。

夢は一生抱き続けたいものですね。

|

« 選挙結果に思うこと | トップページ | 最近の夜の銀座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 選挙結果に思うこと | トップページ | 最近の夜の銀座 »