« 確率の話 | トップページ | オリンピックが終わって② »

2021年8月 8日 (日)

オリンピックが終わって

この2週間、なんだかんだで五輪中継を観てしまいました。日本選手のメダルラッシュに沸くその一方で、期待に応えられなかった選手の絶望も垣間見えたりして、様々な人間模様を肌で感じました。

残念なのは、世界の大スターが全く誕生しなかったこと。例えば歴代の五輪史を紐解くと、陸上ではカール・ルイスやウサイン・ボルトが、体操ではナディア・コマネチが、水泳ではマイケル・フェルペスやイアン・ソープが、ボクシングではモハメド・アリが、その他各種競技において大スターが多数生まれ、世界中の視線を一身に浴びたものです。それが今大会は全くない。これは僕の予想ですが、日本の中継陣は(自国大会ということもあり)国内選手に焦点を当て過ぎたのではないでしょうか。それともう1つ。コロナ禍において世界の多くの有力選手がトレーニング不足だったのではないでしょうか。

ともあれ本日、何とか無事に?閉幕しました。今大会がオリンピック史に永遠に残る大会になったことだけは間違いありません。

次は甲子園。母国の期待を背負うこともなく、誰に忖度することもなく、ただただ高校球児が白球を追いかけるドラマがいよいよ明日から始まります。きっと多くのスターが生まれることでしょう。

こちらはあれこれ深読みせずに、純粋に楽しませていただきます。

|

« 確率の話 | トップページ | オリンピックが終わって② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 確率の話 | トップページ | オリンピックが終わって② »