« 新語(造語) | トップページ | ワクチン接種優先順位 »

2021年5月11日 (火)

二刀流の行く末

米国メジャーリーグで大谷翔平選手の二刀流が盛り上がっている中、わが国では先日とある番組で(もうお分かりかと思いますが)日本プロ野球OBの張本勲氏と山本昌氏が大谷選手について討論していた。

彼らの出した結論たるや驚くべきもので「大谷選手の二刀流は体力的にせいぜい30歳までが限界だろう」というものだった。

山本昌氏は明らかに重鎮の張本氏に忖度している様子だったが、張本氏の頑なまでの意見には視聴者もさぞかし閉口したことだろう。

大谷選手は、今や誰もなし得ていない領域に突き進んでいる真っ只中である。応援するのが当然なのに、彼の限界を予想してどうするのか。いったい何様なんだろう。

いつまでも自分が一番じゃないと気が済まない年寄りが、前途洋々とした若者の才能を押さえつける典型例。きっと国会の中にも、こんな重鎮があちこちにふんぞり返って座ってるんだろうな。

|

« 新語(造語) | トップページ | ワクチン接種優先順位 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新語(造語) | トップページ | ワクチン接種優先順位 »