« すいませんとすみません | トップページ | タレントに「さん」付ける? »

2021年5月 5日 (水)

オリンピックを強行する理由

これだけ国内世論、いえ国際世論もオリンピック開催に悲観的なのに、なぜ日本政府は開催へ強行突破しようとしているのか、その理由について考えてみました。

① たとえ開催したとしても1年間の延期、無観客での開催など、すでに大幅な赤字は確実。それが中止となっては経済が崩壊する。

② 国民の命より、経済が大事。

③ IOCから中止を宣告されるならともかく、日本から中止を提言したら莫大な違約金をIOCに払うことになる。

④ 同じく、日本から白旗を揚げたら、これから未来永劫日本でのオリンピック開催の可能性がなくなる。

⑤ コロナ禍においてのオリンピック開催は博打である。この博打に勝てば、国内はもちろん国際的にも自民党の立場は盤石なものとなる。

⑥ この博打に万が一負けたとしても、今の野党であれば政権交代させる力などない。

⑦ 強大なスポンサーを説得させることが出来ない。

⑧ 中止になったら、裏金など東京オリンピック決定までのあらゆる悪事が公に晒される可能性がある。それは絶対に避けなければならない。

⑨ オリンピックを開催することによってコロナ感染が拡大したとしても、たぶん何とかなる。

⑩ 与党にも開催には反対派が多いのに、それを推し進めるリーダーが不在。もしくは、それでも強行しようとするリーダーが陰に存在する。

と勝手に予想してみました。この中には敢えて政府寄りの理由も入れてみましたが、残念ながらアスリート不在の理由ばかりです。どうしてもアスリートファーストの理由が思いつきませんでした。

とにかく国民は今、こんなコロナ禍の苦しい状況の中でなぜオリンピックを開催しなければならないのか、政府からの明確なメッセージを待っています。ただただ絶対にやりますでは、誰も納得しない状況にまで来てしまいました。

こんなことでは政府のステイホーム要請など、どこ吹く風でしょう。

|

« すいませんとすみません | トップページ | タレントに「さん」付ける? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すいませんとすみません | トップページ | タレントに「さん」付ける? »