« 日本のワクチン事情 | トップページ | 正しい姿勢 »

2021年4月14日 (水)

地球の未来

公園からブランコとシーソーが消え、運動会から組体操が消え、学校の理科室からアルコールランプが消えた。その理由はいずれも「危険だから」だそうだ。

危険だから廃止するという考えは、とても危険だ。危険な物事とどう向き合い、場合によってはどう乗りかえるかが、広くは人生の教育ではないだろうか。

そう思って周囲を見渡すと、視界に入る全ての物に危険性が含まれている。車もガスコンロも加湿器も、パソコンも風呂場も電車も、見方によっては全て大なり小なり危険性がある。これらを「危険だから」廃止し続けると、やがて地球上に現存する万物が無くなってしまうことになる。

そういえば宇宙の中の惑星は、今のところ我々が確認できる範囲では地球以外の全ての惑星上には、何も無い。生物、建物、動力、電力、これらが備わっているのは地球だけだ。(空気さえ地球以外のどこにも無い)

この現実に対して、今日までボクは地球が科学の最先端だと思ってきたのだが、ひょっとしたら地球こそ最も遅れた惑星だったのかもしれない。

|

« 日本のワクチン事情 | トップページ | 正しい姿勢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本のワクチン事情 | トップページ | 正しい姿勢 »