« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年4月

2021年4月27日 (火)

あの手この手

飲食店でお酒を売ってはいけない、というルールができて今日で3日目。

ある居酒屋さんが「店ではノンアルコールしか提供しないけど、お客さまがご自分で飲むお酒を持参するのは構わない(お酒の持ち込みOK)」という独自ルールを作ったところ、大繁盛しているとか。

確かにお店でお酒を売っている訳ではないし、お客さまの持ち込みを認めることは何ら違法行為ではない。その分お店の利益は減るけど、それも止むなしということなのだろう。

みんな生きてくために必死なんだよね。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

路上飲みについて

いま路上飲みが大問題になっているが、僕は敢えて反対しない。若者、特に大学生は1年以上も学校が閉鎖され、せっかくのキャンパスライフが台無しなのだ。高い授業料はそのまま払わされ、リモート授業を強いられている。そのストレスたるや、おそらく想像を絶する。

自分の学生時代を思い出してみて欲しい。居酒屋で騒いだあの日を。友人のワンルームにひしめき合って飲んだ楽しい日を。サークル活動における団体旅行で、先輩後輩が親睦を深め合った日を。いま、彼らはその全てを奪われているのだ。そう思うと、少しは彼らの孤独な気持ちに寄り添いたい。

外なら換気は問題ない。あとは騒ぎすぎて近隣に迷惑を掛けないこと。それからゴミは持って帰ること。これさえ守ってくれるのなら、路上飲みは許してあげても良いではないだろうか。

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

最近思ったこと

・東京オリンピックが決まった時、おみくじの大吉を引き当てた気分だったが、実は大凶を引いてしまったのだと今になって気づく。

・東京オリンピックを強行した場合、終了後にウイルスが蔓延したら誰がどのような責任を取るのだろうか。政治家が辞任するレベルの話ではない。

・人流を防ぐために百貨店の各フロアを閉鎖するというのに、最も混み合う地下食品売場だけは通常通りの営業を認めるという、この矛盾。

・飲食店にお酒を売るなと。飲食店が選ぶ道は3つ。休業するか、ノンアルコールで営業するか、要請に従わず営業するか。

・協力金の金額が決まる前に(ひょっとしたらゼロ円かもしれないのに)政府の要請に素直に従う人(会社・店)のなんと多いこと。これが最も信じられない。

| | コメント (0)

2021年4月23日 (金)

第3回緊急事態宣言

今度の緊急事態宣言の内容に驚き。

お酒を一切売るなと。飲食店がお酒を売ったら罰金なんだそうです。禁酒法と同じです。

これじゃあ飲食店は頑張りようがないです。ますます路上飲みが増えるでしょうね。

しかも今回の緊急事態宣言は関東では東京都だけ実施。人流を止めるどころか近郊の県(千葉・神奈川・埼玉)に人が流れるのは明白です。

よみうりランド(東京)には入れないけどディズニーランド(千葉県)には入れます。ディズニーランド激混み間違いなし!

コロナ収まるどころか、ますます拡がります。

ほんと、誰が考えたの?これ。

そのうち暴動が起こったりして。

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

東京に来ないで

小池都知事のメッセージ能力は天才的だ。彼女のひと言ひと言がとても分かりやすいしリズミカルでもある。

そんな彼女が「東京に来ないで」と。すでに弊店では流行語化している。

「東京に来ないで」

当然このメッセージは全世界に発信されたことだろう。

これで本当に世界のアスリート達は、東京に行かない決心がついたかもしれない。

| | コメント (0)

2021年4月21日 (水)

見回り隊

銀座からあれだけ沢山いた見回り隊が消えた。いつからかはっきり覚えている。厚労省が銀座で深夜まで大宴会をやったことが公に晒されたあの日以来だ。

おそらく見回った先々で「ウイルスを撒き散らしてる霞ヶ関を先に取り締まれ!」と怒鳴る飲食店が続出したのだろう。あの宴会の出席者23名のうち12名が感染したのだから、それも仕方あるまい。

見回り隊の方々に罪はないのは重々承知している。しかし、そう言いたくもなる飲食店の気持ちもよく分かる。この1年間ずっと悪者にされてきたのだ。しかも最近ではあたかも禁酒法でも制定されたかのような雰囲気だ。そろそろみんな限界に近づいているかもしれない。

僕の周りは誰ひとりとして感染していないのにね。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

馬に蹴られる前に

眞子さまと小室圭さんのご結婚問題が揺れ続けています。この問題は勃発してからすでに4年。収まるどころか年々加熱するばかりです。この先どうすれば良いのでしょうか。

もうこの際、お二人のご結婚を認めて差し上げたら良いのでは、というのが僕の結論です。

その理由として、まず第一にこの問題はお二人に直接関係はなく、あくまでも圭さんの母親の個人的問題であること。誰でも人に知られたくない問題の1つや2つ抱えていることでしょう。義母のことまで、ちょっと騒ぎ過ぎ感がありますね。

次に、お二人がご結婚されたら皇室を出て一般人になる、ということです。王位継承に関わるのならともかく、そうでないのだから、一般家庭の何にそれほどまで口を挟む必要があるのでしょうか。

そして最後に、これほどまでに好き合っている若い二人の未来を阻止する権限は、いったい誰にあるのだろうかということです。両親にも、ましてや宮内庁にも(反対するのは勝手ですが)そこまでの権限はないはずです。

このニュース、見ていて楽しい人っているんでしょうか。

「人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られて死んじまえ」

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

高級焼き鳥を食べながらのお勉強

安くて美味しい店に行くのも良いけど、高いのに流行ってる店に行くのも良いよ。こんなに高い値段でどうやって店が成り立っているのか、あれこれ考えるだけでも勉強になるから。

ということで、毎年ミシュラン○星を獲得している焼き鳥店へ。客単価はひとり15,000円から20,000円とのこと。焼き鳥にしては超高級なり。鶏肉の原価は大体分かっているので、どうすればこのような値段になるのか興味津々の中到着する。

高級な理由はよく分かった。まずは店内面積の割にスタッフの人数が多いこと。それから従来の焼き鳥屋のイメージとはかけ離れた洒落た内装であったこと。メニュー的には焼き鳥以外の食べ物も扱っていたこと。スタッフの教育が行き届いていたのも印象的。

ところが、肝心の鶏肉が悲しいかなイマイチ。このような高級店の料理をそう思うのだから、自分は日頃からいかに恵まれているのかということを実感し、感謝する。看板商品が全てだと思う僕には、再訪はないだろう。

とはいえ、このご時世の中、店内は満席。しかもその7割が女性客。僕の知ってる焼き鳥の名店はどの店も男性客がメイン。やはり女性はミシュランの称号に惹かれるのかな。

大変勉強になりました。

| | コメント (0)

2021年4月15日 (木)

正しい姿勢

最近は姿勢が悪い人がとても多いそうです。今一度ご自分の姿勢を正してみましょう。

直立した時の正しい姿勢の目安は次の2つです。

① 「気をつけ」の姿勢で空を見上げて、そのまま顎を引いて正面を向く。これが本来の「気をつけ」の正しい姿勢だそうです。

② 直立した時に肩の上に耳の位置があるのが正しい姿勢。ほとんどの人は肩より前に耳が位置しています。

四六時中スマホを見ているせいですかね、首から頭にかけて前のめりになっている人が本当に多いです。小学校の社会の教科書にイラストされていた原始人のようです。実名を出して申し訳ないのですが、最近の小池都知事はとても顕著です。一度テレビでご確認下さい。すぐにお分かり頂けるはずです。もともとは美しい人なのに、勿体ないですよね。

菅首相もその中のひとりです。彼の場合はスマホではなく、いつも手元の原稿を読んでいるのが原因なのかな。

そういう僕自身も、油断していたらついつい前のめりに。暇さえあればチェックしてます。ぜひ皆さまもご一緒に。

| | コメント (0)

2021年4月14日 (水)

地球の未来

公園からブランコとシーソーが消え、運動会から組体操が消え、学校の理科室からアルコールランプが消えた。その理由はいずれも「危険だから」だそうだ。

危険だから廃止するという考えは、とても危険だ。危険な物事とどう向き合い、場合によってはどう乗りかえるかが、広くは人生の教育ではないだろうか。

そう思って周囲を見渡すと、視界に入る全ての物に危険性が含まれている。車もガスコンロも加湿器も、パソコンも風呂場も電車も、見方によっては全て大なり小なり危険性がある。これらを「危険だから」廃止し続けると、やがて地球上に現存する万物が無くなってしまうことになる。

そういえば宇宙の中の惑星は、今のところ我々が確認できる範囲では地球以外の全ての惑星上には、何も無い。生物、建物、動力、電力、これらが備わっているのは地球だけだ。(空気さえ地球以外のどこにも無い)

この現実に対して、今日までボクは地球が科学の最先端だと思ってきたのだが、ひょっとしたら地球こそ最も遅れた惑星だったのかもしれない。

| | コメント (0)

2021年4月13日 (火)

日本のワクチン事情

・日本が他国と比べてワクチン確保が著しく遅れているのに、誰もがそれを問題視しないのはなぜなのか?

・ワクチンを接種する人の優先順位なんだけど、感染者のいない田舎の高齢者に対して急いで打つ必要あるの?それより感染拡大地域の仕事盛りの人が先なんじゃない?

・蔓延防止措置を発令して、だめなら緊急事態宣言を再々発令せざるを得ないとのこと。全国民へのワクチン接種のメドが立たず、GOTOトラベル(イート)どころではなくなった。でもオリンピックは必ずやるって、どういうこと?

・これだけワクチンが足りないのに、余ったワクチンを廃棄したんだって?全く意味不明。

日本のワクチン事情は、考えれば考えるほど頭が痛くなる。その頭痛を抑えるワクチンが欲しいくらいです。

| | コメント (0)

2021年4月12日 (月)

歴史的瞬間

歴史的瞬間に遭遇することは滅多にない。だから歴史的なのだ。今朝、僕はその歴史的瞬間に立ち会うことができた。きっと同じように歴史の生き証人になった日本国民は、数多くいたに違いない。

ゴルフに興味のない人には分からないだろうが、日本人が世界4大大会に勝つことは長年の夢だった。ましてやその中でも最高峰といわれるマスターズを日本人が制覇したのだから、これこそ歴史に残る出来事だろう。僕自身、生きているうちに日本人がマスターズに勝つことなど想像さえしていなかったのだから。日本国民に勇気と希望をもたらした松山英樹選手には、心から祝意を込めて感謝申し上げます。

さて、次なるスポーツにおける歴史的瞬間はなんだろうか。メジャーリーグの本塁打王、男子テニスの4大大会制覇、サッカーのW杯制覇、マラソン世界新記録、、、夢は広がるばかりだ。

こんなこと、昨日までは一切考えることはなかった。あらためて松山選手よ、ありがとう!

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

ミヤネ屋

ミヤネ屋という昼の情報番組がある。情報収集に大いに役立つので、ついつい観てしまう。そしてこの番組のメインパーソナリティが宮根誠司氏。まさに番組名が彼の名前から付けられるほど、彼は強烈な個性の持ち主だ。

ところが先日その宮根氏が、本来なら「的を射る」と言うべきところを「的を得る」と言ってしまった。この間違いは日常生活の中にも時々お見受けするが、まさかのプロアナウンサーからの失言には驚いた。しかし問題はここから。さらに数日後、彼はまたまた「的を得る」と言ったのだ。

僕は毎日この番組を観ている訳ではない。つまりこの間違いが2回どころか常套化している可能性すらあり得る。だとするなら、この失態には少なくとも次の3つのうちのどれか大きな問題が潜んでいるのではないだろうか。

① チェック機能が働いていない。

② 誰も彼にはものが言えない。

③ わざと指摘せずに野放しにして、彼に恥をかかせている。

いずれにせよ、テレビ界のレベルが低下していることだけは間違いない事件でした。

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

おかげさまで14周年

4月9日、おかげさまで昭和歌謡BAR楽屋は14周年を迎えることができました。

思えば2年目にリーマンショックに巻き込まれ、4年目には東日本大震災に遭い、そして昨年からのコロナ禍です。もはや怖いものなしです。

来週からは蔓延防止措置が発令されます。いま一度初心に返って営業する良い機会かもしれません。

15年目もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2021年4月 9日 (金)

おしん

脚本家の橋田壽賀子さんがお亡くなりになりました。彼女の代表作「おしん」は、昭和58年にNHK朝の連続ドラマとして放映されました。僕が高校3年生の時です。

当時の日本は戦後復興に成功し、まさにバブル期に向かって国民が一丸となって高度成長している真っ最中でした。日本企業は家電業界をはじめとして、衣料品、自動車、食品など全ての分野で世界を席巻していました。そしてそんな中にも、戦争に対する反省や、先祖に対する敬意を教育された時代でした。「おしん」が大ヒットしたのは必然だったような気がします。

あれから38年。気がつけば日本はあらゆる分野で世界に遅れをとっています。東京オリンピックで一発逆転を狙った思惑も見事に外れました。これを不運という一言で済ませて良いのでしょうか。この間に阪神淡路大震災と東日本大震災という大きな天災に襲われました。これらに因果関係は何もなく偶然の出来事だったと、いったい誰が断言出来るでしょうか。

いま一度過去の歴史を紐解いて、平成から今日までの現代史と比べてみたい。そこには、代々の先祖にお叱りを受けてしまうような言動がどれだけ蔓延っているのか。隠蔽、逆ギレ、開き直り、だんまり、見下し、その他諸々。

そろそろ正さなければいけない時が来ているような気がします。

| | コメント (0)

2021年4月 8日 (木)

不治の病

出題者:決して治ることなく、年々悪くなり続けるものってなーんだ?

解答者:がん

出題者:不正解。がんは今や早期発見すればかなりの確率で治ります。

解答者:答えが分かりません。

出題者:正解は「酒癖」です。

最近自分の酒癖がよろしくないかと。

酔った勢いでやってしまうのは、コンビニの揚げ物を食べてしまうこと。もちろん酔いが覚めたらそこには後悔が待っている。

それともうひとつ。溜まっている不平不満(ストレス)を当ブログに投稿してしまうこと。これも酔いが覚めて読み返すと乱文雑言この上ない。慌てて削除しますが、この間に偶然読んでしまった読者さん、「どうせまた酔って書いてるな」くらいに思って笑って下さいね。

| | コメント (0)

2021年4月 7日 (水)

もらった財布

人から財布をもらうと縁起が良いそうです。理由は2つ。

・もし尊敬する人からであれば、その人に近づける。

・出費ゼロからのスタートなので、金運が良い。

このたび尊敬する人から、お財布を頂戴しました。それも彼が重宝して使っていたクロコダイル製の長財布という代物です。その人はいつもその財布にきっちり100万円入れてました。中身も欲しいと言ったのですが、それは断られました。

今日からお金持ちになれるかな。

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

幸せな気分になる話

今日は幸せな気分にしてくれる文を書こうと思います。最近の幸せネタを思いつくままに書き綴ってみました。

・有吉さんと夏目三久さんの結婚(なんで?と思ったけど、有吉さんてとても人望が厚い方なんだそうですね)

・池江璃花子さん五輪出場決定(努力が奇跡を生んだこの事実、後世に伝説となるでしょうね)

・大谷翔平の二刀流完全復活(意外にも国内の報道がそれほど大きくないけど、これも球史に残る1ページ。しかもまだ始まったばかりです)

・アミューズが本社を富士山麓へ移転(アミューズとはサザンや福山が所属する大手プロダクション。この移転はコロナ禍において一石投じました。富士山麓って、空気が美味しそうですね。僕は大賛成です)

・東海大相模高校優勝(というより、センバツ高校野球が無事に開催されたことがなにより嬉しかったです。これまでの当たり前がどれほど幸せだったのか実感しました)

幸せな気分にしてくれること。日々たくさんあります。

| | コメント (0)

2021年4月 5日 (月)

本当に大丈夫?

今日から蔓延防止措置が適用されるということで吉村大阪府知事は、お客にはマスク会食の徹底を、飲食店にはアクリル板の設置の徹底を、それぞれ呼びかけている。それを確認するために見回り隊を派遣して、府内の6万店もの飲食店を指導するのだそうだ。

本当に大丈夫?

この1年間いろんな飲食店に行ったけど、マスク会食してる人を唯の1人も見たことないんですけど。関係者と話していても、マスク会食なんて絶対に不可能だと。不可能なことをやれって言われても余計な反発を招くだけなのでは。

アクリル板の設置?そんなもん少なくとも当店では1年前からやってるんですけど。今さら確認に見回るって、この1年間何してたんですか?

1年前を思い出してみてください。政府も自治体も、この1年間何もしてこなかったことがよく分かります。

本当に大丈夫?

ついでにもう一つ。蔓延防止措置をマンボウと表現することに議論が湧いてるけど、そんなことより中身について議論して欲しいものです。

こんなことで、本当に大丈夫なんですかね?

| | コメント (0)

2021年4月 2日 (金)

最近思ったこと

・尾身会長って、いったい「最後の正念場」て言葉を何回使うつもりだろうか。

・ニューヨーク州が税収確保のために大麻使用を合法化したんだって。エイプリルフールのネタだと思ったら事実でした。

・柔道家のカリスマ的存在の古賀稔彦氏が53歳という若さで亡くなった。幼少期から鍛え上げられた肉体をしても病には勝てない。やはり50歳を超えたらあとは儲け物なのだろう。

・毎日のように脚光を浴び続けてきた小池都知事が、黒岩神奈川県知事に虚偽を暴露されてから急に露出を減らした。実に分かりやすい人。

・マー君がリタイヤだって。みんな当たり前のように彼の大活躍を期待してるけど、あの24連勝からはや8年。実は彼の選手生活はすでに晩年かも。

| | コメント (0)

2021年4月 1日 (木)

「コロナに感染しました」

私用のため、久しぶりに早朝の電車に乗る。リモート推進などどこ吹く風、車内は通勤客でかなりの混み様。やはりテレワークには限界があるのだろう。

途中乗り換えた列車の車内で、気がついたら女性ばかりだった。まさかと思って車窓を見たらやはり「女性専用車両」の文字が。

こういう時、まずは窓側は立つ。次にひたすら下を向く。そして次の停車駅で降りる。これで僕が間違えて乗ってしまったことは十分伝わることだろう。

それにしても、朝といい夜といい、安らぎの場を見つけるのに苦労するようになったものだ。

今日は新年度の初日。エイプリルフールなので今日のタイトル「コロナに感染しました」は、ほんのジョークです。すいません。

1日も早く平穏な日々が戻ることを祈念いたします。

| | コメント (0)

« 2021年3月 | トップページ | 2021年5月 »