« 当選 | トップページ | 万事塞翁が馬 »

2021年2月 5日 (金)

警察犬物語

「昨年、兵庫県の山中で行方不明者を捜索中に逃げ出した警察犬が、3か月にわたる訓練を経て現場復帰することが決まった」というニュースを耳にして、思わず泣きたくなりました。

うれし泣き?まさか、悲しいに決まってます。

なにが悲しいって、彼(警察犬)は辞めたかったんでしょ、警察犬という仕事を。それで周囲の目を盗んで命がけで逃げ出したのに。無理やり捕まえて警察署に戻すなんて、まるで脱獄した囚人のような扱いですよね。これが人間の世界だったら、さしずめ憲法違反(職業選択の自由・憲法第22条)であることは間違いないし、もっと深読みするなら、強制労働とも言えるかもしれません。

しかもこの3か月の間、兵庫県警には、彼を「辞めさせないで」「応援してるから」「がんばって」って激励の電話やメールが多数寄せられたそうで。みんな彼のこと分かってないね。本当に彼かわいそう。

ちなみに彼の名前はクレバー。さぞかし人間の愚かさを嘆いていると思うよ。

 

 

 

|

« 当選 | トップページ | 万事塞翁が馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 当選 | トップページ | 万事塞翁が馬 »