« ワクチン、打ちますか? | トップページ | 寄付行為の是非 »

2021年2月 2日 (火)

春よ、来い

今年も実家から段ボール2箱の「はっさく」が届いた。うちは農家ではないが、これだけは自慢の自家生産品だ。

僕はこの大量のはっさくを店に持ち込み、季節限定カクテルとしてお客さまの前で腕をふるう。この光景は、もうすっかり毎年恒例となっている。残念ながら今年は店が臨時休業のため提供できないが、そんなことは一切気にしていない両親のいつまでも変わらない親心に、なんとなく癒され、同時に神妙な想いに包まれる。

図書館までもが、緊急事態宣言が解除されるまでは1人1時間以内の滞在時間、という規則になってしまった。よって最近の僕は、図書館に1時間、移動してドトールでコーヒーを飲みながら1時間、また図書館に戻って1時間、という行動サイクルを考えた。悪くはないが、長くは続かないだろう。

昨日、プロ野球がキャンプインしたが、もちろん観客はゼロだ。あまりにも寂しいスタートだが、このご時世では致し方ない。おそらく今年の春の選抜高校野球大会も、無観客試合での開催となるのではないだろうか。それでも、昨年のように中止になるよりは余程良い。

本日、緊急事態宣言の1ヶ月延長が発表された。それは同時に、100個のはっさくをお前ひとりで食べろ、と宣告されたようなものだった。

|

« ワクチン、打ちますか? | トップページ | 寄付行為の是非 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワクチン、打ちますか? | トップページ | 寄付行為の是非 »