« 老害と老人 | トップページ | あれから1年 »

2021年2月10日 (水)

明るい話題

気づけば最近は暗いニュースばかりです。これではまるでネガティブキャンペーンですね。こんなご時世でも、きっと明るいニュースはあるはずです。ということで、2021年になってからの明るい話題を拾ってみました。

まず(なんと言っても)マー君が日本プロ野球界に帰って来たこと。しかも古巣の東北楽天へ復帰入団。まもなくあの大震災から丸10年です。東北地方はもちろんのこと、日本にとっても大変喜ばしい、そして頼もしいことだと思います。

スポーツ界でもう1つ。池江璃花子選手の白血病からの復活です。特に最近は全盛時を彷彿させるような快記録の連発、とても励みになります。

財界では、トヨタ自動車、SONY、任天堂、日立製作所、日本マクドナルドなどが過去最大の利益を叩き出しています。コロナ禍で苦戦している企業が多い中、とても喜ばしいことです。これからも引き続き我が国のためにどんどんお稼ぎ願います。

芸能界は探してみたけど、これといった明るいニュースは見つかりませんでした。

そして政界からは今回の森喜朗・東京五輪組織委員会会長の女性蔑視発言。日本国内以上に世界中で急速に波紋が広がり、どうやら彼が辞任しなければ収まらない状況になってきました。僕は、このままでは東京五輪が中止になった時の最大の原因が「森会長の不適切発言」になってしまう可能性が高いと予想しています。たとえ開催したとしても、コロナの影響で世界中のアスリートが終結することは事実上不可能です。そしてその原因が、コロナではなく森会長の不適切発言へとすり替わってしまう可能性が高いのです。たぶん(間違いなく)そうなります。しかも、そうなるとも知らずに彼を擁護しているのは、恥ずかしいかな彼の側近のみです。東京五輪が開催されようが中止になろうが、森会長が辞任しようがしまいが、もう彼が東京五輪の負の要因を一身に背負い込むのは確定的です。彼にとってはちょっと酷な気もしますが、もしそうなれば日本の政治も少しは変わってくれるでしょう。という理由で、あえて明るい話題に入れさせていただきました。

しかしこうして見ると、本当に明るいニュースが無いですね。

|

« 老害と老人 | トップページ | あれから1年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老害と老人 | トップページ | あれから1年 »