« 最近疑問に思ったこと パート② | トップページ | 老害と老人 »

2021年2月 8日 (月)

魔里

本来なら昨日をもって緊急事態宣言が解除されて、当店も今日から営業を再開する予定だった。ところがその宣言が1ヵ月延長になったのだから、自ずと営業再開日も1ヵ月延びてしまった。もっとも宣言が発令された当初から、この対策内容では1ヵ月間ではとてもコロナは収束しないだろうと予想していた。そういう意味では、緊急事態宣言が1ヵ月延長になったのは想定通りだった。いや、むしろ日々ここまで感染者が減少するとは、僕の中では驚きだ。ただし実数なら、という前提なのだけど。

この1ヵ月の間に、ひとりの銀座カリスマ・ママがお亡くなりになった。年齢は(こわくて)聞いたことがないが、かつては昭和の名優や大物歌手、大作家がご常連だったことからも、80歳は超えていらしたのではと推察できる。縁あって僕は、自分の店のオープン当初からのお付き合いなので、もう14年間も可愛がっていただいたことになる。

まさかの急逝であった。昨年はコロナ禍にもかかわらず、マスク着用とか検温、消毒、ましてやアクリル板など、彼女は一切の感染防止対策を拒み続けた。長年にわたり上客ばかりが集う名店だったので、店とお客との信頼関係がそれを許したのだろう。それとも、彼女はご自分の最期を薄々察していたのだろうか。

ワンオーナーで60年という老舗店であり、今では日本列島に数多く存在するガールズバーの第1号店と称される有名店でもあった。おそらく「このまま舞台の上で死ねたら本望だ」という昭和の役者と同じ魂で、昨年末の最期までお店のカウンターに立ち続けたのではないだろうか。

魔里ママに深く哀悼。

|

« 最近疑問に思ったこと パート② | トップページ | 老害と老人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近疑問に思ったこと パート② | トップページ | 老害と老人 »