« 黙食 | トップページ | 東大論 »

2021年1月19日 (火)

一見さんお断り

御殿場市が率先して、市内の飲食店に「一見さんお断り」と表示をするように指導し始めた。これはコロナ感染防止策の1つなのだそうだ。要するに、素性を知らない人は信用しない、ということ。これに対して賛否両論あるのは言うまでもない。

賛成者(主に店側)は「言い辛いことをよくぞ言ってくれた」と。反対者(主に客側)は「表現が強すぎる。これって差別ではないのか」と。

僕の意見は簡単だ。要するにこれは「メンバー制」もしくは「会員制」という意味で、コロナ禍にかかわらず、銀座では至極当然のことだ。つまり僕は「一見さんお断り」に何ら異論はない。この表示のある店に文句がある人は行かなければ良いし、それでも行きたい人は、それなりの順序というものがあることを悟ってもらいたい。

もちろん、ここまで言うと偉そうに聞こえるかもしれないが、店側が「メンバー制」を維持するのは並大抵ではない。特に、店が大きければ大きいほど難しい。当店が堂々と「一見さんお断り」と言えるようになったのは、開業して10年くらい経ってからではなかっただろうか。

お客さまが店を選ぶように、店もお客さまを選ぶ。それが「一見さんお断り」の真の意味だ。これが全国に浸透すれば、飲食店からコロナ感染者が出る確率は相当低くなるだろう。そういう意味では、御殿場市の感染防止策は的を射ていると思う。

ただし「一見さんお断り」というのは、言うのは簡単だが実践するのは難しい。これだけは間違いない。

|

« 黙食 | トップページ | 東大論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黙食 | トップページ | 東大論 »