« 当店の流行語大賞 | トップページ | クリスマスプレゼント »

2018年12月10日 (月)

門出を祝う

私の店のお客さま年齢層は、下は主に40代から上は主に60代と、他店よりやや高めかもしれない。昭和歌謡曲がお好きな世代なのでそれも当然のことだろう。
その中にあって、まだ20代にもかかわらず、当店にここ数年ずっと通って下さった女性がいらした。昭和歌謡曲には全く興味がなさそうなので、ただ純粋に店の雰囲気を気に入って下さったのだろうか。
そんな彼女が、今年の春頃からピタリとお見えにならなくなった。どうしたのだろうかとずっと気を揉んでいたのだが、地元に帰ってご結婚されるという話が、最近になって人伝てに聞こえて来た。しかも披露宴まであと数日。直接聞いたわけではないので少し躊躇はしたけれど、彼女にこれまでお世話になった幾多の日々を振り返り、喜んで祝電を打たせて頂いた。

披露宴から数日後、彼女からお礼の手紙が届いた。その末尾には「いつか旦那とお店に遊びに行きますね」とあった。
このようなささやかな感動の積み重ねが、きっと今の自分を支えてくれているのだろう。

|

« 当店の流行語大賞 | トップページ | クリスマスプレゼント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 門出を祝う:

« 当店の流行語大賞 | トップページ | クリスマスプレゼント »