« 思い出は美しすぎて | トップページ | 一日一生 »

2018年8月18日 (土)

高校野球に思うこと

今年は高校野球が始まってから100回目の記念大会という。私はその半分くらいを観てきたことになる訳だが、長い年月が経つと常識がその時代によって変わるものだということがよく分かる。

昔は「水を飲むな」という指導が普通であったのは周知の通り。それが今では「水を飲め」という指導が徹底されている。
エース投手がたった1人で全試合投げ抜いたら、熱投とか鉄人と賞賛されたのも懐かしい。最近はプロ野球でさえ球数制限が常識化しており、高校野球も1人の投手に負担を掛け過ぎようものなら、高野連から学校側に厳重注意が下され兼ねない時代になっている。

今年は平成最後の夏でもある。来年は新年号とともに、101回目の高校野球が始まる。150回大会、200回大会にはどのような常識になっているのだろうか。想像するだけで、夢は広がる。

|

« 思い出は美しすぎて | トップページ | 一日一生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/217353/67070476

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球に思うこと:

« 思い出は美しすぎて | トップページ | 一日一生 »