« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月11日 (月)

恩返し

愛読書・広辞苑によると、【恩返しとは、人から受けた恩に報いること】とある。それは日本昔話にある『鶴の恩返し』の内容からも大変納得する。

ところが勝負の世界においての「恩返し」という言葉の使われ方には、どうも腑に落ちないことが多い。

今年の3月に将棋の藤井聡太(当時)六段が、師匠の杉本七段と公式戦初対局で勝利した時のこと。直後の報道には「恩返し」の文字が飛び交っていた。しかしこの言葉は藤井棋士は一度も発していない。また杉本棋士も「藤井六段と対局出来たのは嬉しいが、勝負に負けたのは残念だ」と述べている。師匠が残念だったと言っているのだから、どこが恩返しなのかと不思議に思う。もしもこの二人の間に恩返しという言葉を使うとしたら、弟子の藤井棋士が強くなったことによって、杉本棋士が恩師として一躍脚光を浴びたことではないだろうか。

ごく最近では、プロ野球のセ・パ交流戦で中日の松坂大輔投手が古巣・ソフトバンクから勝利し、翌日のスポーツ各紙に「恩返し」の文字が踊りに踊った。松坂投手は米国から帰国後、昨年までの3年間ソフトバンクに在籍し未勝利、しかも年俸は4億円。つまりソフトバンクは12億円払って未勝利だった選手に負けたのだ。恩返しどころか、はらわたが煮えくり返っていると思うのだが…。

お世話になった人を負かすことが恩返しと捉える勝負の世界、どうにも理解できないのは私だけだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 4日 (月)

お客さま語録ー3-

※ 「今夜は西城秀樹の曲を聴きに来ました」 by昭和歌謡を愛するお客さま

(昭和歌謡界を代表する西城秀樹さんの急逝には唯々驚くばかりでした。謹んでお悔やみ申し上げます)

※ 「いやぁ~、今週3回もこの店に来ちゃった。ちょっと来過ぎかなぁ」 byご常連のお客さま

(ありがとうございます。しかしながら当店には「来過ぎる」という言葉はございません)

※ 「今度布袋さんと飲むから、2軒目はここに連れて来るよ」 by音楽業界のお客さま

(お待ちしております。 もちろんBOOWYの曲は全て揃ってます)

※ 「この店が、全国にある昭和の名の付くお店でナンバーワンだと聞いたので、今日は遠路はるばる来ました」 by神戸より初来店のお客さま

(誰が日本一を決めたかは存じませんが、嬉しいお言葉をありがとうございます。手前味噌で恐縮ですが、昭和歌謡曲を“静かに”聴けるという点では当店が全国でナンバーワンだと自負しております)

※ 私 「ひょっとして第2子ご懐妊かな? おめでとうございます」

女性客 「このお腹は違うから!」

(大変申し訳ございませんでした)

【ご来店いただき誠にありがとうございました】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »