« 2016年8月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

お久しぶりです

気がつけば今日は大晦日です。昭和歌謡BAR楽屋における1年間を振り返ってみますと、客席で大いに話題になった(と言うよりは私が多くのお客さまに尋ねられた)ネタが2つありました。

①‐Q SMAPは紅白に出るか?それとも出ないか?

②‐Q 芸能界では薬物が相当な範囲で汚染されているのか?

いずれも今年1年間ワイドショーを賑わせた話題なので、酒場で盛り上がるのも当然でしょう。この2つの質問に対しての私の見解は終始一貫して以下の通りでした。

①‐A SMAPは紅白には出ないと思います。私が彼らのマネージャーでしたら絶対に出しません。なぜならもしも彼らが出場したら、多くの国民の「好奇の目」に晒されるだけだからです。国民的歌手と言えども、彼らの熱狂的なファンは約300万人です。この300万人は彼らが出場したら泣いて喜ぶことでしょう。一方、紅白は約5000万人が観ます。すなわち、4700万人は熱狂的なファンという訳ではないことになります。でも彼らは彼らでSMAPの出場に対しては興味津々です。彼らの大半は「仲違いしたSMAP」を観たいのです。キムタクと香取が目を合わせるか合わせないかを見たいのです。NHKも「全国民が待っている」と言いつつ、それを計算しての出演依頼のはずです(視聴率は確実に獲れますから)。ですから私がSMAPのマネージャーなら、最後の最後に彼らを晒し者にさせることは絶対にしません。

②‐A 芸能界は薬物汚染などされていません。ただ著名人だから話題になってしまうだけです。それが一般人の場合でしたら、1日100人薬物で逮捕されてもニュースにさえなりません。芸能人1000人と一般人1000人のうち、薬物使用者の占める割合が大きいのはどちらか?と比較したら、たぶん一般人の方が薬物使用者が多いのではないでしょうか。

この2つが1年間を通してBIGな話題でしたが、BIG3の残りの1つは?と言えば「ゲス不倫」ネタです。不倫に関する私の見解はここでは割愛させて頂きますが。

来年の私の抱負は、当ブログを毎週更新すること。本年もご愛顧いただき誠にありがとうございました。皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2017年1月 »